--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.09

Majoketto ゲーム紹介(1)

よくわかる Majoketto Part1
 Majoketto魔法使いの決闘をテーマにした対戦カードゲームです。
 決闘と言えばそれはすなわち「本気の勝負」。 今回は「本気の勝負」ができるこのゲームならではの特徴をご紹介します。



2人対戦のカードゲームでしかも決闘というと、TCG(トレーディングカードゲーム)が浮かぶ人が多いかもしれません。
しかし、Majoketto は以下の特徴を持ったTCGとは全く別のゲームとなっています。

1.読み合い重視の同時進行
 決闘の相手の出かたをうかがう緊張感、そして魔法のぶつけ合いの雰囲気を出すため、Majokettoでは
 手番を交互に行うのではなく、2人のプレイヤーが同時にアクションを起こしてラウンドを進める形式をとっています。
 なので、「相手がこの後何をしてくるか」を読むことが非常に重要なゲームになっています。


2.『グリモア』をいかに手に入れるかが勝負を左右
 このゲームにおけるもう1つの鍵が魔術書『グリモア』です。
 『グリモア』を持っていると、優先的に行動できたり一部の呪文が強化されたりと様々な場面で有利になります。
 また、『グリモア』を奪われて一発逆転という状況も発生するので、いかに相手に渡さないようにするかがポイントです。

Grimore
キーカードとなる『グリモア』カード


3.山札は1つ、配られるカードは公開される
 Majokettoは2人対戦のカードゲームですが、プレイヤー2人は山札を共有します(※)。
 しかも手札の補充は上から3枚をめくって、『グリモア』を持っているプレイヤーが1枚、もう片方が残りを受け取ります。
 つまり、相手の手札に入ったカードも、山札に残っているカードも把握できるガチバトル上等なシステムになっています。
 魔法の効果などでカードを引く場合は公開されないので、このあたりでの情報戦も発生します。

 ※ライナー・クニツィア氏の「バトルライン」をご存じの方はイメージしやすいかもしれません。


とにかく読み合いに特化し逆転要素も盛り込んたゲームなので、1手を選ぶ緊張感を楽しみたい方にはオススメです!
ピンとくるワードがあったならば、ゲームマーケット当日は是非お手に取っていただきたいです。


次回《よくわかる Majoketto Part2》では、ゲームの基本システムや勝利条件についてご紹介いたします。


スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。