--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.12.14

縛れ!削れ! ~初めてのゲームを完成させるために~

この記事は Board Game Design Advent Calender 2016 の14日目の記事です。
続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 00:00 | 開発記録 | COM(0) |
2015.11.23

決闘のQ&A

説明書に入りきらなかった説明や、カードのわかりにくい効果などのQ&Aです。
ここに書かれていないことでわからないことがございましたら、この記事へのコメントやTwitterへのリプライ、メール等でご連絡ください。

ルールについて
Q.スペルカードの上についている星は何の意味は?
A.カードのレアリティです。星の数が多いほどレアリティが高く強力なカードなので、手札に入れるカードに迷ったら、ひとまず星の数が多いものを選びましょう。
 ちなみに、星1,2個のカードは2枚、星3、4個のカードは1枚だけ山札に入っています。

Q.黒いカードを『チャージ』で出したとき、このカードのチャージブレイクは発生するの?
A.発生しません。チャージブレイクは、チャージブレイクを持ったカードが『アタック』で出された時だけ発生します。

Q.グリモアで勝てるのは3枚目のカードが置かれた時でいいの?
A.正確にはアビリティを使うタイミングなので、3枚溜まっても若干の猶予があります。
 ただし、現在は3枚溜まった後に奪ったり、カードを減らしたりする方法はありませんのであまり違いはありません。

キャスターについて
Q.最初に選ばなかったキャスターカードはどうするの?
A.相手にわからないように裏向きで箱にしまってください。

Q.『聖域の織り手、ロカ』のアビリティの「グリモアの所有者は変わらない」と『イフリートの呼応』の「グリモアの所有者になる」はどっちが強いの?
A.ロカのアビリティを優先します。これに限らず、ゲームのすべてで「~しない」の効果が優先されます。

Q.ヴィクトリアの3番目の能力がよくわからない
A.グリモアエリアと自分と相手のチャージエリア全体を見て、4色のカードが1枚ずつあれば使用できます。
 たとえば、相手に青と赤、グリモアエリアに緑と黒があればアビリティを使うことができます。
 アビリティを使うときに捨て札にするカードは数えられないので注意してください!

Q.青い子弱くない?
A.『無幻書庫の司書、リベル』は上級者向けのキャラクターになっています。相手の3倍くらいカードを引いていかないと厳しいかもしれません。

スペルカードについて
Q.呪文詠唱の最初っていつ?
A.出したカードとアクションチップを表にする時です。
 『イフリートの呼応』と『ドリュアスの呼応』の2枚で書かれていますので、自分と相手が1枚ずつ持っていて同時に発動した場合はグリモアを持っている方から解決してください。

Q.『霊炎』と『イフリートの呼応』が同時に出たとき、『霊炎』はチャージブレイクを持つの?
A.持ちません。『霊炎』の効果は「グリモアの所有者である限り」なので、『イフリートの呼応』で奪われたらチャージブレイクを失います。


Posted at 11:17 | Majoketto Q&A | COM(0) |
2015.11.23

『Majoketto』 簡易ルール

『Majoketto』のルールを段階的に覚えるための簡易ルールです。物足りないなと思ったら次のステップに進んでください。
※注意:キャスターの能力は正式ルールに合わせて調整していますので、少しバランスが崩れる恐れがあります。

ルール1.超簡単!ジャンケンだけやろう。
  スペルカードの効果やキャスターカードの能力を一切使いません。またこのゲームでは「アタック」だけが指定できます。
  これでシンプルに「3回目のジャンケンに勝つ」というゲームになります。

ルール2.バニラルール
  スペルカードに書いてある「Cast」「Trigger」「Aura」の効果を無いものとして扱います。黒のカードのチャージブレイクはそのままです。
  「アタック」「チャージ」を使った駆け引きとキャスターのアビリティの使い方はそのままなので、
  ゲームの流れを覚えるためには、まずこのルールで行うことをお勧めします。

Posted at 10:44 | 拡張ルール | COM(0) |
2015.11.15

Majoketto ゲーム紹介(3)

よくわかる Majoketto Part2 - アタックとチャージ(後編)


 Majokettoで勝つためのもう1つの手段。それが魔女―キャスターカードです。

キャスター


 キャスターは3つのアビリティを持っており、そのうち1つはゲームに勝利する必殺技になっています
 『グリモア』カードに3枚チャージされる前に、この必殺技を出すことができれば、ジャンケンに勝たなくてもゲームに勝つことができるのです!
 ただし、当然タダでアビリティを使うことはできません。キャスターにアビリティを使ってもらうには、グリモアと同じくカードをチャージする必要があります。

 ここで出てくるのが、もう1つの行動、『チャージ』です。
 スペルカードを出すときに『アタック』ではなく『チャージ』を指定すると、そのスペルカードは最終的にキャスターにチャージされます。アビリティを使うにはこうしてチャージしたカードを消費するので、黒シンボル無色シンボルのアビリティであれば、黒のカードともう1枚のカードを『チャージ』することができれば使用することができます。(もちろん条件を満たさなければ、勝つことはできませんが…)

アビリティには強力な効果が多いので、ガンガンチャージをしたいですが、
『アタック』にジャンケンで負けるとチャージが阻止されたり、勝ってもグリモアを獲得できないので注意が必要です。

さて、前後編をまとめるとゲームに勝つには、
 ・『アタック』でジャンケンに読み勝ってグリモアで勝つ
 ・『チャージ』とアビリティを駆使してキャスターで勝つ

の2通りの勝ち方があります。

どちらで勝つのが早いか、その場の状況を判断して『アタック』『チャージ』を選んでいくのがこのゲームのキモなのです!




長くなってしまいましたが、ゲームのポイントはこんな感じです。
本日、説明書の全文を公開いたしましたので、細かい部分やラウンドの流れはそちらで確認していただければ幸いです。

また、ゲームマーケット当日はブースにて説明もいたしますので、是非 『C45 喫茶 兎紳士』までお越しください。


Posted at 23:23 | ゲーム紹介 | COM(0) |
2015.11.15

『Majoketto』説明書公開

2015/11/22 頒布のMajoketto に封入される説明書です。

《Majoketto~マジョケット~説明書(PDF)》

以下、追記の方はjpg画像版です。続きを読む
Posted at 22:24 | 『Majoketto』 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。